ひつじの説明書。

ーヘルス・本・イギリスのいろいろを発信ー

「夢」が原動力になった


ブログを見ている方は薄々気づいているかもしれませんが、わたしはかなりのロマンチストです。

もしかしたら世間では恥ずかしいとおもわれる部類なのかもしれません…

でももう断言します。

 

アニメのキャラクターでも、夢を目指しているみたいなキャラクターはツボです。

最近古いですが「宇宙兄弟」を見始めたのですが、この間日々人が月に旅立った回では子供のように目をキラキラさせながら見てしまいました。

日々人、まぶしかったです。

 

多分このロマンチストは、母の影響。

母はシングルマザーで育てながらも、いつも将来の夢を語る人でした。

老後はヨーロッパに旅行へ行くんだ!というのは口癖。

それを見て育ったので、常に夢は持っているものなのだとおもって生きてきました。

 

病気になったとき、絶望感もありましたが、どこかワクワク感を常にもっていました。

いや、もしかしたらステロイドの副作用でワクワクしていたのかもですが…

病気になったことであぁいろいろできないなぁって普通はおもうのですが、わたしの場合どこかタガが外れてしまい、「自分のやりたいことをやろう!」と吹っ切れてしまったんです。

 

そこから、自分のやりたかったこと。

「自分のやり方で人の役に立つこと」を実現しようといろいろと計画を立てました。

計画では退院したらすぐに実行にうつす予定だったのですが、体調がおもうように上に向かず、メンタルの変動もあり、結局いまの形に行きつくまで6年もかかってしまいました。

 

この6年間これだけをがんばった!ということが「イメージすること」

自分が病気の人をオンラインでサポートしている姿を、ふとしたときにリアルにイメージしていました。

こんな人が来て、こんなこと話してなど、具体的にイメージすることで、いまの自分に何が必要かが分かっていき、足りないものを学び、ここまで来ました。

 

そういったイメージを常にしていると、普通なら見逃しがちな情報などに脳がアンテナを張るので、チャンスを逃しにくくなります。

 

わたしがイギリスに来たのも、ずっと海外に住むのが「夢」だったから。

この目標があったので、少しずつ体力をつけたり、ライフスタイルを改善したりして、渡英できました。

 

ヘルスコーチの世界でも、「目標」や「生きがい」は重要とされています。

研究でも高い目的意識を持っている方は、持っていない方に比べて死亡率や心疾患イベント率が低いということがわかっています。

 

健康になりたい!とおもうとき、食事や運動などのライフスタイル改善も大切ですが、わたしはクライアントさんには「夢」や「目標」なども同じぐらい大切といっています。(いや、もはや最重要かもしれません!)

 

病気が落ち着いて先に何がしたいのか、そこにフォーカスすることで、自然とライフスタイルも変化するからです。

 

「夢」「目標」「生きがい」は、背中を押してくれます。

病気になるとできないことばかりに目が行きがちです。

しかし、病気でもさまざまな可能性はあります。

いまの自分にできる最大限の可能性を見つけよう!と常におもうようにしています。

 

いま目的意識がない方は、まず未来に生きる理想の自分を想像するところから、始めてみてください。

 

****************

 

持病持ちさんの無料コーチングしています!

家でのセルフケアや、医師に話せない不安などお話しして

一緒に解決していきましょう。

 

ご相談は公式LINEから↓↓

友だち追加

考え方が変わったきっかけは、「病気」だった。


昨日はミライクさんのインタビューを紹介したのですが、じつはもうひとつインタビューを受けていました。

 

インスタグラムで出会ったSLEの方にインタビューをしているdetours_sleさん。

わたしの投稿を見ていただいて、ご連絡をいただきインタビューのお話をいただきました。

 

detours_sleさんは、広告代理店のShioriさんを中心に活動しており、SLEの方の「回り道」をテーマに今までの経験や考え方の変化などを発信しています。

すごく面白いテーマだなとおもい、参加させていただくことになりました。

 

実際インタビューを受けて、病気の前と後で考え方がこんなに変わっていたんだと、自分で驚いてしまいました。

やはり病気は今までの人生を変えるきっかけになる大きな節目。

わたしは病気になってさまざまなことを経験したり、感情を繰り返したりして、自分なりにいまの考え方にたどり着きました。

今まで思っていたことの固定概念がひっくり返り、なんで今までこんなシンプルなことを難しく、複雑に考えていたんだろうと、新しい視点をもてるようになりました。

 

正直病気の前よりも、今の方が心は楽で、とても生きやすくなった気がします。

今回それらのことを文章にまとめて、可視化できるようになったことで、より自分の考え方に自信が持てるようになりました。

病気になってよかったー!とはまだ言えませんが…

 

この機会を与えてくださったdetours_sleのShioriさんには、感謝感謝です。

 

わたしは持病のある方の話を聞いていると、ほんとうに人生何年生きているんだろうと感じる方が多くいる気がします。

それぞれ自分の哲学があったり、信念を持っていたりして、それを聞いているだけで人生相談をしてもらっているような感覚です。

 

今後出会う方とそういった話をするのが、また楽しみになりました。

 

detours_sleさん・インタビュー記事はこちら

 

detours_sleさんのインスタグラムはこちら

 

****************

 

持病持ちさんの無料コーチングしています!

家でのセルフケアや、医師に話せない不安などお話しして

一緒に解決していきましょう。

 

ご相談は公式LINEから↓↓

友だち追加

 

自分の弱さを認めること。


先日インタビューしていただく機会がありました。

自分の話をインタビューしてもらうなんて、めったにないことですから見つけてくださったインタビュアーの方々にはほんとうに感謝しています。

 

じつは自分の病気のことを誰かに話すのは、苦手でした。

話すことで「自分が弱い」「一人では生きていけない」「劣っている」と自分でレッテルを貼ってしまうのではないかと心配していたからです。

 

発症当時は、とにかく病気を寛解まで持っていくのに必死でした。

とにかく「弱い人」と見られたくなくて、病気のことも話さず、知られていても普通に生活できるよと装ってばかりでした。

しかし、そうすればそうするほど身体はいうことを聞かず…。

わたしが目指している方向から、反対の方向へ進んでいくばかりでした。

 

そんな落ちていくばかりのわたしを止めたのが、「自分の弱さを認めること」

弱いと認めたうえで、弱いなりにできることはなんだろうと考えました。

体調はその日その日で違うので、その日今できる精一杯のことをしようと。

そう考えるようになってから、すごく生きやすくなっていきました。

 

いつも背伸びばかりしていた自分が、いまの自分に合っているものをチョイスできるようになり、体調をコントロールしやすくなったんです。

今までは本当に自分のことをよく分かっていなかったとおもいました。

 

今回のインタビューも、以前のわたしだったら断っていたとおもいます。

「SLEの病気の人」として覚えられたくない、とおもっていたからです。

でも弱さを認めたことで、今できる自分の可能性について考えられるようになりました。

 

わたしは人の役に立てることがしたい、とずっと模索していました。

よく考えたら、このインタビューを受けることもそれにつながるのではないかと。

体験談を見て、こういう経過もあるんだとか、こういうこともできるんだとか、こういう考え方があるんだとかとか。

 

いろいろなことを感じてもらうことで、その人が生きやすくなったり、安心したり、勇気が湧いてきたりしたらいいなとおもっています。

自分のどうしようもない経験が誰かの役に立つのであれば、こんなに嬉しいことはありません。

 

お時間があるときに、読んでいただけたら嬉しいです。

 

インタビュー記事はこちら

 

 

 

 

 

少し前に進めたかもしれない


久々の投稿になってしまいました。

先週は仕事に追われていて、またオーバーヒートしそうになってしまったので、自分で仕事をセーブするように調整して、再燃せずに済みました。

危ない、危ない…

 

昨日は久々に一番近い都市「マンチェスター」へ行ってまいりました。

分かる人には分かるとおもいますが、サッカーの有名チーム「マンチェスターユナイテッド」の本拠地です。

 

1年に1~2回しか行かないですが、今回は初めて夫なしで、日本人の方々10人ほどで行ってまいりました。

わたしは都市部に行くのが苦手なタイプ。

東京近辺に住んでいた際に、通勤で人ごみ酔いするようになり、また会食恐怖症ということもあり、めまいや吐き気をよく催していました。

 

前回マンチェスターに行った際も人に酔ってしまい、レストランへ行ってもトイレに入って吐き気がおさまるまで座っていたりして、トイレでちょっと泣いてしまったりして、あまり良い思い出がありませんでした。

 

なので、今回は自分にとって挑戦でした。

少しずつ人が多いところや、誰かと一緒に食べることを最近意識して、慣らしていっていたので、今回はめまいとか吐き気は少しはよくなったのではないかと。

 

そんなおもいでマンチェスターに行ったのですが、今回は驚くほどに体調不良がなく、10:00~17:00までみんなのペースについていけました。

 

よかった~‼‼‼

ご飯はメガ盛りだったので、さすがにすべては食べられなかったのですが、一口目から吐き気もなく食べることができ、夢中で食べてしまいました。

 

少しずつ人ごみに行く練習していてよかった。

行く前直前まで悩んでいたけれど、いってよかった~とおもえました。

日本に帰ったときまた東京で人ごみ酔いするのが心配でしたが、これなら日本帰れるかも!

 

まだ完ぺきではないですが、少しずつできることが増えたり、恐怖感も少なくなってきたりしていて、前に進めている気がする。

 

わたしにとっては、大きな一歩。

踏み出せた気がします。

 

 

自分を好きになったきっかけ

 

 

お題「自分をちょっと好きになれたとき」

 

ヘルスコーチの勉強をはじめてから「Self Love」について深く知ることになりましたが、20代のときは自分のことが好きではありませんでした。

 

10代のときからわたしはひとつのことを継続することが苦手で、なにか嫌なことがあるとすぐにやめてしまうのがコンプレックスでした。

スポーツが好きで中学校・高校と運動部に所属していましたが、中学時代は陸上→テニス部、高校時代はハンドボール部→バレー部。

やめた理由はそれぞれですが、継続できない自分が根性なしで、ほかのひとよりも我慢が足りないとずっとおもっていました。

社会人になっても希望していた1年目から高度救命センターに入ったものの、多忙で身体を壊して休職。

一気に自分への自信をなくしました。

 

そんなときに出会ったのが、新しい職場の医師夫婦。

わたしは今まで出会った人のなかでも、初めて会うタイプの人たちでした。

先生たちは他人を否定することなく、なにをしても褒めてくれました。

最初はやさしい先生たちと印象でしたが、少しずつわたしのさまざまな可能性を引き出してくれて、アメリカの学会に連れて行ってくれたり、医師のセミナーで看護師と登壇させてくれたり、さまざまな挑戦の機会を与えてくれました。

 

いまWEBライターをしているのも、じつは先生たちに文章を褒められたからです。

また、ヘルスコーチをしているのも、先生たちの診療の影響をモロに受けています。

それぐらい影響力のある方たちでした。

 

「承認欲求」を満たされたからでしょうか。

その当時から自分への見方が変わっていきました。

不器用だったとおもっていた自分に、じつは特技があったこと。

こんな自分でもいいんだと思えるようになったこと。

この社会でも堂々と生きていけるんだとおもえるようになっていきました。

 

わたしもヘルスコーチでいろいろな方とお話ししますが、できるだけクライアントさんの気づけていない良い部分を引きだせるよう心がけています。

お話しすることで、自分を好きになる「きっかけ」になれたらいいなとおもいます。

 

****************

 

持病持ちさんの無料コーチングしています!

家でのセルフケアや、医師に話せない不安などお話しして

一緒に解決していきましょう。

 

ご相談は公式LINEから↓↓

友だち追加

 

 

 

 

グルテンフリーで炎症オフ


わたしは難病になる前から、グルテンフリーという食事法を実践しています。

「グルテンフリー」は最近ではよく耳にする言葉になってきました。

 

グルテンフリーは、小麦などに含まれている「グルテン」というたんぱく質を摂取しない食事法のこと。

グルテンはパンやパスタなどのモチモチ食感を出す成分ですが、人によってはアレルギーを起こしたり、身体にさまざまな不調をもたらしたりすることもあります。

 

わたしは、以前副腎疲労外来のあるクリニックに勤めており、そこでこの食事法を知りました。副腎疲労とは、腎臓の上にある豆のような臓器「副腎」が疲弊している状態。副腎皮質ホルモン「コルチゾール」の分泌が少なくなることで、疲労感や頭痛、めまいなどさまざまな不調がでてきます。

 

この副腎疲労に効果がある食事法として知り、当時疲労感が強かったわたしはグルテンフリーを普段の生活に取り入れることにしてみました。

 

当時はグルテンフリーが広まっていなかったので、とにかく食材探しが大変。

とにかく主食をパンからご飯へ、おかしは和菓子に。

おいしいモノは大体小麦が使われているので、本当に苦労しました。

実践していくうちに、肌荒れがなくなり、疲労感も軽減した実感はありました。

 

そして難病になり、どんな食事が良いのか調べていたら、グルテンフリーはやはり抗炎症に役立つとのこと…。

とくに注目されているのが身体の入り口である「腸」の炎症。

グルテンに含まれる「グリアジン」という成分、グリアジンが分泌促進させる「ゾヌリン」が関係しています。

ゾヌリンは腸の細胞間を開く役割があるのですが、小麦を摂取し続けると細胞間がゆるみっぱなしで不要な未消化物や細菌などが入ってしまうとのこと。

そうなると、その排除のためつねに免疫が働いており、ずっと炎症を起こし続けてしまうのだそうです。

この状態を、「腸漏れ症候群(リーキーガット)」といわれています。

 

自己免疫疾患の方は、リーキーガットの方が多いともいわれており、海外では抗炎症の食事ではまず第一にグルテンフリーが挙げられています。

病気前はとくに劇的な症状の変化はありませんでしたが、SLEになってからはピザを食べるとほとんどの場合、次の日関節が腫れてだるくなります。

 

でもやっぱりたまには食べたい!ということで、完全オフにはしていません。

クリニックで患者さんに指導していた際も、70%程度できればOKと話していたので、週末だけ好きなものを食べるなどゆる~くグルテンフリーを楽しんでいます。

この方法で症状ともバランスがとれているとおもいます。

ダイエット法も大切ですが、やっぱり食事は楽しさも大切。

シビアにやりすぎてストレスを溜めるのであれば、週末に特別おいしいパスタを食べにいくとかそういった感じで上手く付き合っていければいいのではないかとおもいます。

 

わたしの場合はストレスを感じましたが、かなり体調が変わった方はグルテンフリーの方が気分が良いといって、ストレスなく自然と100%グルテンフリーを実践している方もいます。

自分が継続しやすい割合で、グルテンフリーをすすめていってみてください。

 

ただし、グルテンの遺伝性不耐症である「セリアック病」や、重度のアレルギーがある方は、100%オフする必要があります。

 

疲労感が強い方や原因不明の不調がある方は、もしかしたらグルテンが原因かもしれません。また自己免疫疾患で食事を注意したい方は、ぜひ試してみてください。

主食やおかしを変えるだけでも、身体に変化がある方もたくさんいるので、まずは2週間やってみるのがおすすめですよ。

わたしのリハビリバディ!

わたしは昔は、けっこう運動することが好きでした。

中高は運動部に所属し、看護学校ではフットサルサークルを作って男女混合で試合に出たりして、スポーツ漬けの毎日を送っていました。

 

大人になってからはたまにジムへ行ったり、友だちとヨガへ行ったりしていましたが、病気になってからは今までできていたことができなくなり、関節痛や筋肉痛で運動量が激減。退院したばかりの時は、筋肉が完全に落ちていて、数歩歩くだけで息が切れるぐらい衰えていました。

 

うーん、いままでの自分に戻りたい。

健康的な筋肉をつけたい。

そう思っていたところに助けてくれたのが愛犬のフィッツ。

実は母のがん治療の際に少しでも楽しい気分になるように買った犬ですが、母の死後わたしや夫のメンタルを癒してくれたのがフィッツでした。

 

母のときはあんまりよい効果がなかったのですが、入院中の夫を癒してくれたり、退院後強制的に犬の散歩に連れ出してくれたりしたおかげで、家族にかなり貢献してくれました。

 

フィッツはテリア犬なので、かなりアクティブ。

30分以上は散歩が必要で、最初はしんどかったですが、一週間もしたらペタンコだったお尻に肉が戻ってきました。

 

フィッツがいなかったら、家に引きこもりっきりで、きっと仕事にも復帰できていなかったでしょう。

ほんとうに感謝しています。

 

いまでは家大好きの夫を外に連れ出すのに、一役買っています。

夫はフィッツにかなり甘いので、犬を理由にすればすぐについてきます。

 

犬がいることで、家族は健康的に機能しているような気がします。

カラダもココロも、彼がいなかったら疲れ果てていたでしょう。

いまでは我が家に欠かせない存在です。

 

リハビリや運動を習慣にする際は、誰かいると継続しやすいですよね。

犬のほかにも、友だちを誘って一緒にやれば自分の意志ではやめられないので、自然と楽しく続けられる気がします。

 

なかなかリハビリや運動習慣が続かない方は、リハビリバディや運動パートナーを作るのもおすすめですよ。